Concept

縄文土器を肉眼で見た時、独特な突起や文様から、風景、自然現象、生物の姿や動き、そして音や感触を思い描いた。さまざまな情報の断片が混在しているその様相は、縄文人の詩のようにも思える。それらは、縄文人が生きるために食した生命に関するものではないか、つまり、命をもらった生き物に対して祈りや畏れを感じ、そのエネルギーが縄文土器のグロテスクで美しい造形を生み出したのではないかー。本作は、これらの想像をもとに企画・制作した。

Planner / Creative Director:Takuma Nakazi
Director / Designer:Hiroshi Takagishi
Designer:Itsuki Maeshiro, Ryoichi Kuboike
Music:Marihiko Hara
Executive Producer:Hiroshi Takahashi
Producer:Yasuaki Matsui

「POEM」制作メンバー座談会 Vol.1 コンセプト篇
「POEM」制作メンバー座談会 Vol.2 CG制作篇